A Tour of Go をやる! – その6 「Functions continued」(?) 型しょ~略っ! 【Go言語/A Tour of Go】

2018年9月5日Go言語のお勉強A Tour of Go,function,Goのお勉強,Go言語Go言語のお勉強,function,Goのお勉強,Go言語

記事ヘッダー_Functions continued

「A Tour of Go をやる!」シリーズの第6回目。

前回進めた「Function」。今回も「Function」に関連する内容です。
それとこれまでの記事の内容、なかなかの薄っぺらさで突き進んできましたが、今回は更に極薄な中身となりそうです…。

今回のお題「Functions continued」

今回進めるページはこちら。

「Functions continued」とは?

グーグル翻訳だと「機能は続く」………(;´・ω・)?
ん~…、「(前回の)ファンクションの続きだよ!」的な意味なんでしょうか…?

まぁ、タイトルはさほど重要そうではないので本題。
ページの説明には、ファンクションのパラメータは一部省略できますよ、ってことが書かれているようです。

パラメータの省略できる部分

では詳しく見ていきます。
ファンクションのパラメータを書く際に一体どの部分が省略できるのか?、ですが…

// 省略しない書き方
func add ( x int, y int) { ... }

// 省略した書き方
func add ( x, y int ) { ... }

と言った感じで、型宣言の部分を一部省略できるようです。説明には次のように書かれています。

関数の2つ以上の引数が同じ型である場合には、最後の型を残して省略して記述できます。

https://go-tour-jp.appspot.com/basics/5

ちなみにこのルールですが、パラメータ云々が~、というより変数宣言の仕様だと思われます。
変数宣言についてはこちら。

サンプルプログラムを見てみる

何時も通りコメントを追記しています。

パラメータの型宣言部分を省略形で書いても動くよ(x も y も int型 として認識されるよ)、、、というだけのプログラムですね。

さいごに

というわけで、今回はパラメータの型部分の省略形を学びました…。
この薄さなら前回に混ぜ込んじゃえばよかったですねぇ。。。

まあいいや…、ではまた次回~ ٩( 'ω’ )و

Go言語のお勉強 記事一覧

  1. うっしー「Go」に手を出す…
  2. 「A Tour of Go」をやる! シリーズ
    1. その1 「Hello, 世界」
    2. その2 「Packages」だってさ~
    3. その3 「Imports」いんぽーっ!
    4. その4 「Exported names」見えますか?
    5. その5 「Functions」 これは機能です。
    6. その6 「Functions continued」(?) 型しょ~略っ!
    7. その7 「Multiple results」 一粒で二度美味しい?
    8. その8 「Named return values」 お前は戻り値だ…
    9. その9 「Variables」入れ物!
    10. その10 「Variables with initializers」砂でも詰めるか…
    11. その11 「Short variable declarations」 略パート2!
    12. その12 「Basic types」 型抜きってあったな…
    13. その13 「Zero values」 生まれ持った中身は?
    14. その14 「Type conversions」 1は1.0になれる!

「A Tour of Go」記事は現在書き直し中…。_(┐「ε:)_
サボったりサボったり…で尻切れシリーズになっていましたが、最近続きを書く気になりました。が、これまでの記事を改めて見返すと記事のデータ・フォーマットが古く、この際だからと最初の記事から書き直しております。