A Tour of Go をやる! – その3 「Imports」いんぽーっ! 【Go言語/A Tour of Go】

2018年8月29日Go言語のお勉強A Tour of Go,Goのお勉強,Go言語,import,packageGo言語のお勉強,Goのお勉強,Go言語,import,package

記事ヘッダー_Imports

「A Tour of Go をやる!」シリーズの第3回目。

今回も「A Tour of Go」を進めるんですが、ちょっと前回書きすぎまして…、今回はうっすい内容になりそうです…。

お題は「Imports(インポート)」

該当ページはこちら。

パッケージ読み込みます宣言、「Imports(インポート)」がお題。

Imports とは?

パッケージ使う前する “私、パッケージ使います…!" 宣言ですかね。

例えば、文字列を出力するための Printf ファンクションが使いたければ、Printf が定義されている fmt パッケージをインポートしないと「undefined: fmt( fmt って何ー??)」と怒られます。

これは、Go のコンパイラに Printf ファンクションの所在が伝わっていないため。
「Import fmt」と明示的に宣言することで、「fmt パッケージに所属している Printf くんだね!」ということが明確になる。

サンプルプログラムを見る

サンプルプログラムが用意されているので、実際の Import の宣言部分を確認してみます。
今回も関係のある箇所にコメント入れています。

package main

// Printf と Sqrt が定義されているパッケージをインポート
import (
  "fmt"
  "math"
)

func main() {

  // Printf と Sqrt を使用している
  fmt.Printf("Now you have %g problems.\n", math.Sqrt(7))

}

Import の書き方は前回説明しちゃったんですが、一応コピペしておきます。

// fmt をインポートする場合
import "fmt"
// 複数のパッケージをまとめてインポートする場合
import (
  "fmt"
  "math"
)

factored import statement で書くほうが良いスタイルと…、ページの説明に書いてありました。ちなみに、factored import statement とは括弧でまとめる書き方を指すようです。

// このパターン
import (
  "packageA"
  "packageB"
)

サンプルプログラムを実行する

サンプルプログラムを実行してみます。

7 の平方根が出力されるはずです。
ちなみに、 math.Sqrt は平方根を返すファンクションです。

Now you have 2.6457513110645907 problems.

さいごに

今回は Import な話題、前回に続きパッケージ関連の内容でした。
実は次回も似たようなものだったりします。

…こりゃ、飽きる_(┐「ε:)_

ではまた次回~ ٩(-ω-´)و

Go言語のお勉強 記事一覧

  1. うっしー「Go」に手を出す…
  2. 「A Tour of Go」をやる! シリーズ
    1. その1 「Hello, 世界」
    2. その2 「Packages」だってさ~
    3. その3 「Imports」いんぽーっ!
    4. その4 「Exported names」見えますか?
    5. その5 「Functions」 これは機能です。
    6. その6 「Functions continued」(?) 型しょ~略っ!
    7. その7 「Multiple results」 一粒で二度美味しい?
    8. その8 「Named return values」 お前は戻り値だ…
    9. その9 「Variables」入れ物!
    10. その10 「Variables with initializers」砂でも詰めるか…
    11. その11 「Short variable declarations」 略パート2!
    12. その12 「Basic types」 型抜きってあったな…
    13. その13 「Zero values」 生まれ持った中身は?
    14. その14 「Type conversions」 1は1.0になれる!

「A Tour of Go」記事は現在書き直し中…。_(┐「ε:)_
サボったりサボったり…で尻切れシリーズになっていましたが、最近続きを書く気になりました。が、これまでの記事を改めて見返すと記事のデータ・フォーマットが古く、この際だからと最初の記事から書き直しております。